男性も女性も年齢が高いと不妊になりやすい?

男性も女性も年齢が高いと不妊になりやすい

毎月1回、規則的にやってくる生理。女性なら、それが卵子の排卵によって起こることはご存じだと思います。卵巣から十分に成長した卵子が一つ、飛び出てくるのが排卵です。この卵子、毎月1個ずつ新しく作られていると思っていませんか?それが実は違うんです。

 

卵子は、卵胞という袋のような組織の中で成長します。卵胞の袋の中には、卵胞液が満たされており、その中で卵子は成長していきます。

 

十分に成長すると、卵胞が破れて卵子が出ていくというわけです。この卵子を入れた卵胞も、最初は原子卵胞という状態からだんだんと成長していきます。では、この卵子と原始卵胞のセットはいつ作られるのでしょうか?

 

答えはなんと、お母さんのお腹の中にいる時。胎児の間に卵子と原始卵胞は作り終わってしまうんです。

 

生まれる時には、約200万個の原始卵胞が卵巣に入っていると言われます。残念ながら、ここから増えることは無いのです。だから、この卵胞を全部使い切ったら生理も来なくなります。つまり閉経です。

 

しかも、この原始卵胞が毎月1個ずつ消費されていってくれたらいいのですが、すごいペースで無くなっていくんです。

 

まず思春期の頃には約30万個程度に減ってしまいます。子供の間に随分たくさん無くなってしまうんですね。そして1度の月経のたびに1000個程度が減少していくと言われています。卵子って有限なんです。

 

それからもう一つ。生まれた時から既に出来上がっている卵子なので、自分と一緒に年を取って行きます。卵子の老化です。卵子が老化していると、妊娠しにくいということが起こります。たとえ体外授精をしても、うまく受精ができなかったり、受精しても育たなかったりすることがあるのです。

 

ただ女性ばっかり悪者にはできません。卵子と違って男性の精子は毎日作られるから年を取らない、と言われてきたようですが、最近の研究で精子も老化することが分かってきています。正確には、精子を作る機能が落ちてくるので、質の悪い精子が増えてくると言うことだそうです。

 

男性も女性も、どちらにも不妊の原因になるような疾患が無い場合、お互いの年齢が原因ということも考えられるんですね。いずれにせよ、出産をしたいと思うならお早めに。